有料EAと無料EA - FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ

FX-ONのイチオシEA

当ブログのオススメEA
定番ドル円Z!
White Bear Z USDJPY
裏番ユロ円Z!
White Bear Z EURJPY
カバ助の心
Ririy&Racco's HippoRiriy&Racco's Hippo | fx-on.com
ぽんぽんぽん!
White Bear Z GBP
スイング波動砲
FOREX.com×タイアップキャンペーン☆Beatrice-07

有料EAと無料EA比較まとめ。


こんばんは。管理人のasajiroです。

延々と有料EAと無料EAを比較してきましたけど、簡単にまとめるとこんなカンジ。


◎有料EA
・初期投資がかかる。
・スプレッドが狭い(ブローカーによる)。
・高Lot運用(資金30万円以上)に向いている。
・トレード数が多い場合に向いている。
・EAを絞って運用する場合に向いている。
・キャッシュバックをゲット出来る(これが一番デカイかも)。



◎無料EA
・初期投資がかからない。
・スプレッドが広い。
・低Lot運用に向いている。
・トレード数が少ない場合に向いている。
・数多くのEAを使ってポートフォリオを組む場合に向いている。


全く同じEAの場合は、ケースによって有料・無料を使い分けた方が良さそうですね。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらが正解とは言えません。


1つの方法として、


無料で使ってみて
「これは長期的にイケル!」と思ったEAを有料に切り替えるって手が有効だと思います。


少なくともその選択肢は持っておくべきですね。


しかし、上記比較は「全く同じEAの場合」でした。
本質的な問題である「EAの性能」についても色々と考えて行きたいと思います。


★asajiroがオススメする有料EAを使う際のブローカー「PepperStone」
他ブローカーとのスプレッドの比較をしてみました。
良かったらご覧下さいね♪

pepperstone01.jpg



<<<前のページ(有料EAと無料EA比較。ブローカーのスプレッドで考えてみる。)

>>>次のページ(EAを選ぶ際の大事な点は?良いEAの条件とは?)




優秀トレーダー&エンジニアの
投資ノウハウを今すぐゲット!
FX投資情報コミュニティfx-on.com




にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
応援クリックして貰えると嬉しいです♪



mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座
FX初心者の方、勝てない中級者の方、システムトレードに興味のある方は是非ご登録下さい!管理人のasajiroが、一日一通のメール講座をお届け致します。



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ



有料EAと無料EA比較。ブローカーのスプレッドで考えてみる。

こんばんは。ブログ管理人のasajiroです。


もし全く同じEAなら・・・有料がいいのか、それとも無料がいいのか?


前回は、個々のリスク管理法・資金管理法・ポートフォリオの構築法・資金量等によって変わるよねーって話でした。どちらも一長一短。今日はデータ的に見て行きましょう。


具体的な例を出して行きますよ〜。


有料EAのブローカー:スプレッド1.0pips
無料EAのブローカー:スプレッド2.0pips


ドル建て。EUR/USDの5分足。リミット:5 ストップ:50 のスキャルEA
月当たりのエントリー数は20回。


@0.5Lot(5万通貨)運用の場合
有料EAのブローカー:月100ドル(5ドル×20回)
無料EAのブローカー:月200ドル(10ドル×20回)

その差100ドル!月あたり100ドルも有料EAの方がお得です。
3万円のEAなら4ヶ月でペイ出来ますね。



A0.1Lot(1万通貨)運用の場合

有料EAのブローカー:月20ドル(1ドル×20回)
無料EAのブローカー:月40ドル(2ドル×20回)

その差20ドル!3万円のEAだと20ヶ月は使わないとペイ出来ません。
20ヶ月後に果たしてこのEAが使えるかどうか・・・


はい。こうやって数字で見ると分かり易いですね。
0.5Lotで運用した場合、早い段階で元が取れちゃいます。
0.1Lotで運用した場合、約1年以上使わないとソフト代がもったいない、って話になります。
さらに2年後にはもう使えなくなっているかもしれません。


このことから導き出せるのは、


「高Lotで取引」「取引回数が多い」といったEAの場合は有料EAの方が圧倒的に有利。
「低Lot運用」「取引が少ない」といったEAの場合は無料EAの方が向いてるってことです。


なるほど。


続きはまた明日です。



<<<前のページ(有料と無料のEA。お得なのはどっち?)

>>>次のページ(有料EAと無料EA比較まとめ。)



「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ

有料と無料のEA。お得なのはどっち?

有料と無料のEA。お得なのはどっちだと思いますか?


こんばんは。管理人のasajiroです。前回、EA選択の際に大事なのは、個々のスタンスとデータに基づく緻密な計算・・・なんて話をしました。


個々のスタンスってのは、
リスク管理法、資金管理法、ポートフォリオの構築法、資金量のことです。


例えば、EAの数を絞って絶対的なヤツを1つか2つ。豊富な資金で比較的高LOT。先々の利益目標を立てて運用する・・・なんて方は、有料のEAをバシッと買った方が絶対お得でしょう。


逆に、たくさんのEAをまとめて運用。少ない資金と少ないLot数だけど、EAの数で全体を押し上げて運用する・・・なんて方は、無料のEAの方がいいでしょうね。



前者は絞ったEAが負けちゃうとダメージが大きいのに対して、後者は1つのEAが負けても互いにカバーしながらリスクを分散出来ます。


しかし、前者はスプレッドが狭いので利益率が高く勝率も高い。後者は上手くリスクヘッジが効いてるけど手数料がバカにならない。また、前者はEAの入れ替えが容易じゃないけど、後者はサササッと頻繁にEAの入れ替えが出来る。


うん。ホントに一長一短ですね。


明日は緻密なデータについてお話します。



<<<前のページ(有料EAと無料EAをシンプルに比較。同じロジックの場合は?)

>>>次のページ(有料EAと無料EA比較。ブローカーのスプレッドで考えてみる。)



「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ

有料EAと無料EAをシンプルに比較。同じロジックの場合は?

無料EAと有料EAの徹底比較!


こんばんは。管理人のasajiroです。


私は「無料EA」を使ったシステムトレードについてはある程度自信があるのですが、
有料EAを使ったシステムトレードは、まだやったことがないので良く分かりません。


ブログを綴っていると、自分自身のレベルアップにも繋がります♪
言いたいことや疑問に思っていることを文章にするってのは中々いいものですよ〜。


さて、昨日の話をまとめると、


無料EA:導入費用がかからない。スプレッドが広い。
有料EA:導入費用がかかる。スプレッドが狭い。


ということです。分かり易〜い。


で、前提として「EAの成績が良い」ということがあります。
これは絶対必要条件。


この点については、「運用成績が良ければずっと使って貰える→ずっと収入が入る」ってモデルの無料EAの方が優れているように思います。これは個人的な意見ですが、「FX-ON」を見てると・・・そうとも限らんな・・・と思えてきますね。まあ、この辺のことも後々突っ込んで行こうと思います。


では・・・全く同じロジックのEAなら有料無料どっちがいい?


つまり、同じロジックのEAで「無料」か「有料」かを選択できるならば、個人の考え方次第でどちらを選んでもいいわけです。


初期費用を掛けたくない→「無料EA」
初期費用が掛かってもスプレッドが狭い方がいい→「有料EA」


長期的な視野で見ると、圧倒的に有料EAの方がいいでしょうね。
仮にスプレッドの差が1pipsあったとして、月20回エントリーするEAなら月20pipsの差になります。0.1Lotの運用だとするとザックリ月2000円の差。EAの販売価格が20000円だったとしたら10ヶ月で元が取れる計算です。
高Lotで運用する方ならその期間はもっと短くなるでしょうし、もっとエントリー回数が多いEAならもっともっとペイする期間が短くなるでしょう。


しかし、一年後、あるいは半年後に、せっかく買ったそのEAが成績を維持している保証はありません。何故なら相場は生きているからです。無料のEAならポイッとゴミ箱に入れちゃえば終わりですが、有料のEAだとなかなかそうは行きませんよね。


メリットデメリットは表裏一体。
大事なのは個々のスタンスとデータに基づく緻密な計算ですね。


続きはまた明日です。



<<<前のページ(EAをコスト面から考察してみる。果たして有料EAと無料EAはどっちがいいのか?)

>>>次のページ(有料と無料のEA。お得なのはどっち?)




「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ

EAをコスト面から考察してみる。果たして有料EAと無料EAはどっちがいいのか?


我々ユーザーがEA(自動売買ソフト)を扱う際に、最も重要なのは「EAの性能」。次に大事なのが「EAのコスト」です。そしてこの「コスト」は勝率にも影響します。


どういうことなのか見て行きましょう。


「EAの性能」についてはココで言うことはあまりありません。後々触れて行こうと思います。
1つだけ言うとしたら、「見た目の成績」に惑わされないようにすることですね。これはバックテストの話ではなく、フォワードテストの成績の話です。


え?フォワードテストはリアルの成績だから信じていいんじゃないの?


ええ。その通り。


しかし・・・フォワードテストと言えども、リミットあるいはストップに刺さった状況まではわかりませんよね。どういったポジションの取り方をしたのかは、緻密に観察しないとわかりませんよね。どういうことかと言うと、「含み損を抱えて数日浮遊した挙句にやっとリミットに刺さった」なんてのはパッと見は分からないわけです。「連戦連勝してるけど、実はマーチンで、負ける時は一発で利益の全てが吹っ飛ぶ」なんてのもよくよく見てみないと分からないわけです。


EAの性能は、数字だけじゃ分からないのです。
この辺のことは追い追いお話していきます。



今日は、コストの話です。


分かりやすく無料のEAと有料のEAを比較しましょう。


★EA獲得コスト
無料EA・・・無し。一円もいらない。
有料EA・・・有り。EAによるけど、一個に付き数万円。


これは圧倒的に無料EAに軍配が上がりますね。
実際、私は10個ほどの無料EAを動かしてますが、獲得コストはゼロです。
これが有料EAなら、数十万円のコストが掛かってしまうでしょう。


★EA運用コスト(スプレッド)
無料EA・・・基本高い。スプレッドにIB収入分が入っている。
有料EA・・・自由に好きなブローカーを選べるので、低スプレッドの運用が可能。


逆に運用コストは、有料EAに軍配が上がりそうですね。一概には言えませんが、無料EAが指定して来るブローカーのスプレッドは広いことが多いです。


そして、スプレッドが広いってことは、


「勝率が悪くなる」


ということです。え?なんで?なんで?


例えばここに、スプレッドが「1pips」と「2pips」のブローカーがあるとします。
で、「リミットが5」のEAがあると仮定して、このEAの実質リミットは・・・


スプレッドが「1pips」の場合「6」
スプレッドが「2pips」の場合「7」


となるわけです。


自動売買をされてる方であれば、
この差がどれだけ大きいかよく分かると思います。


「あと1pipsでリミット刺さってたのに!」
なんてことは日常茶飯事なわけですよ。


この1pipsはデカイ!


単純にスプレッドが広いとコストが掛かるってだけの話じゃないんですね・・・
かなりEAの成績が変わって来ると思います。コツコツ型のスキャル系EAは特に!


こう考えると、


今まで「EAは無料に限る!」なんて自信満々に言ってたことが、グラグラとなるわけです。


それでは今日はこの辺で。続きは明日です。



<<<前のページ(フォワードテストとバックテストとEAについて)

>>>次のページ(有料EAと無料EAをシンプルに比較。同じロジックの場合は?)




「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ

フォワードテストとバックテストとEAについて


もし素晴らしい実績の有料EAがあれば・・・
スプレッドの狭いブローカーで効率よく運用出来る。
この場合、無料のEAより、有料のEAの方がいい場合もある。


というのが前回のお話。


もし素晴らしい実績の有料EAがあれば?・・・無いと思ってました。
いや、正確に言うなら、探すのは難しいと思っていました。


何故なら、素晴らしい実績のEAかどうか使ってみないと分からないから。
そして使う為には「買わないといけない」から。


そんなお金があったら資金に回したい。それが本音です。


そりゃ、星の数ほどEAはありますよ。そして毎日生まれては消えて行く中、素晴らしいEAを開発される方もいらっしゃるでしょう。ファンドが大金を掛けて作り出す高性能EAなんかもあるでしょう。これらが超高額で取引されているという話を聞いたこともあります。


どの道、そんな高額なEAはもとより、世間一般に販売されている数万円のEAを買うお金だってありません。いや、正確に言うなら、「海のものとも山のものともわからないEA」に出すお金は一銭もありません。


私がFXを始めた時に、「これは絶対覚えておけ」と言われたことが「他人のバックテストを信じるな」でした。バックテストは「カーヴフィッティング」という手法によって、どれだけでも良く見せることが出来るわけです。この捻じ曲げられたバックテストを見せられて有料EAを買ってしまった人がいったいどれだけいたことでしょう。


現在ではこのことも衆知の事実となってきたようで、バックテストのみ公開している有料EAというのはそのほとんどが駆逐され、「フォワードテスト」を公開しているものが増えてきました。フォワードテスト・・・リアルタイムの運用結果ですね。


このフォワードテストはかなり信頼性が高いです。
これを開示してないEAは一切信用してはいけません。


しかし、このフォワードテストで優秀だったからといって、
これから先未来もずっと同じような成績を残されるかどうか?


当たり前ですが答えはNOです。


相場は変わります。


実際に2008年のリーマンショック以前と以後では全然相場が変わっていますし、現在のユーロ危機も相場の転換期なのかもしれません。


なのでEAにはメンテナンスが必要です。プロは自ら作ったEAを、相場に合わせて微調整をしながら運用するそうです。そう、EAには賞味期限があるんですね。現在で言うなら「ユーロ危機用」にEAを微調整しないといけないわけです。まあ、これは有料だろうと無料だろうと必ず付いて回る問題です。


そして、我々ユーザーの一番の問題はコスト。


このコストにあった有料EAがあれば?
探すのは難しいと思っていた実績充分の有料EAを簡単に探す事が出来たら?


続きはまた明日です。



<<<前のページ(「有料のEA」と「無料のEA」はどっちがいいのか?比較してみる。)

>>>次のページ(EAをコスト面から考察してみる。果たして有料EAと無料EAはどっちがいいのか?)




「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ

「有料のEA」と「無料のEA」はどっちがいいのか?比較してみる。


「有料のEA」と「無料のEA」はどっちがいいのか?


FXの自動売買を今から始めようと思ってらっしゃる方にとっては、
是非とも知りたいところでしょう。


私は、その答えを「無料EA」だと言い続けてきました。


無料のEAの利点は、


@ソフト代が一円も掛からないこと。
A提供側はIB収入がメインとなるので、実績重視のEAになること。
※IB収入とは・・・スプレッドの一部から収益を得ること。


この2点が私の中で強力だったわけです。


しかし無料EAのデメリットとして、提供者側が提示したブローカーに専用口座を作る必要性がありました。これはスプレッドの一部が提供者の収入源となるために必ず必要なわけで・・・だからこそ、無料EAの成績が良くなるわけで(成績が良くないと使ってもらえない⇒収入にならない)・・・もうどうしようも無いことだったんですよね。


しかし・・・指定されたブローカーのスプレッドが広いとかなり不利な取引を毎度させられることになりかねません。実際・・・私が使っているFXDD社のスプレッドはかなり広いことで有名です(苦笑)。


このスプレッド・・・1取引あたりの差額は少なくても・・・数を重ねる毎に大きな大きな差になることは間違いないですよね。そこに気が付いたわけです。


「有料のEAを買った方が得なのでは????」と。



・・・もちろん条件があります。
Aの実績重視のEAであること。


これです。


何を当たり前のことを!と思われるかもしれませんが、今まで数多く販売されてきた情報商材系の有料EAは「売ったあとは知らねえ」ってカンジで販売されていたのです。実績重視ではなく「見た目重視」です。バックテストの結果を出して「過去10年で勝率90%以上!PF2.5以上」なんて言いながら販売されてたんですよね。それも超高額で。


もちろん、中には素晴らしい実績のEAもあったかと思いますが、今現在も稼動している情報商材系の有料EAがどれだけあるでしょうか?無料EAの登場でほとんど駆逐されてしまったのではないでしょうか?


ここで・・・


もし素晴らしい実績の有料EAがあれば・・・
自分の好きなブローカーで運用出来るなら有料でも構わない・・・


といった考えが出来るわけです。


『ソフト代金』<『スプレッド差額の積み重ね』


の場合ですね。これは、取引回数が増えれば増えるほど・・・Lot数が大きくなればなるほど・・・『ソフト代金』の方が小さくなる可能性があるわけです。


話が長くなるので続きは明日にします。



<<<前のページ(ご挨拶。はじめまして管理人のasajiroと申します。)

>>>次のページ(フォワードテストとバックテストとEAについて)



「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ