EAの選び方 - FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ

FX-ONのイチオシEA

当ブログのオススメEA
定番ドル円Z!
White Bear Z USDJPY
裏番ユロ円Z!
White Bear Z EURJPY
カバ助の心
Ririy&Racco's HippoRiriy&Racco's Hippo | fx-on.com
ぽんぽんぽん!
White Bear Z GBP
スイング波動砲
FOREX.com×タイアップキャンペーン☆Beatrice-07

EA(自動売買ソフト)は、いつまで通用するのか?

FXにおけるEAの賞味期限は半年とも1年とも言われています。一定の期間を過ぎると突然調子を落とし、市場で通用しなくなってしまうのです。これは「相場は変わる」という観点から見れば当然の結果ですが・・・中にはずっと通用し続けるEAもあります。FX-ON人気ランキング1位「幸せの一本勝ち」は現在1年以上通用していますが・・・?



こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。



EA(自動売買ソフト)は、

どのくらいの期間通用するのか?




という疑問は、自動売買派のトレーダーにとっても
EA製作者にとっても永遠の命題と言えますが、



その答えは、意外と簡単な所にありますよ。



FX-ONの人気EAランキングを見てみましょう。



FX-ONランキング2017年5月.jpg

FX-ONトップページ



数多くのEAが入れ替わりでランキングに名を連ねますが、



その多くは「この半年」、長くて「1年」しかトレード実績がないものばかり。



2014年からフォワード実績がある
WhiteBearZ USDJPY」は例外中の例外と言っていいでしょう。



つまり、多くのEAは「今の相場」に適合したものであり、
通用しても半年・・・長くて1〜2年・・・といったEAが多いのです。



ま、これは当然と言えば当然。



なぜなら、相場は刻々と変わって行くからです。



アベノミクスの前と後で相場がガラッと変わりましたが、



アベノミクス後でも



「円安期」(2012年11月〜2015年6月くらいまで)

「円高期」(2015年6月〜2016年7月くらいまで)

「停滞期」(2016年7月〜現在)



と相場が変わっているのですよ。



この全ての期間に於いて、
プラスの成績のEAを作るのは至難の業と言えましょう。



で、各EAをチェックしていると・・・



WhiteBearZ USDJPY」ほどではないにしろ、



長く通用しているEAがあります。



一本勝ちデータ1.jpg

幸せの一本勝ち→EA詳細、フォワードテスト



販売開始は2016年2月なので・・・すでに1年以上通用してます。



成績はご覧の通り、大幅にプラスです。



ドル円はこの間・・・「円高期」→「停滞期」となってますが、
この変遷を経てもプラスなのは心強いですね。



ストップは80pipsで、テイクプロフィットはなし。
トレーリングストップでストップが移動し、
どこまでも利益を追求するタイプのスキャルピング。



実際は、10〜20pipsを細かく取っていくタイプで、
運が良ければドカンと勝ち、敗ける時は結構大きく負けます。



と言っても常時1ポジなので、
連敗しない限り大負けすることはないでしょう。



うーむ。かなり良さそうなEAだなあ。



問題は、これから「市場が変化した場合」ですが、
どうもトランプ大統領は「現実路線」に舵を切りそうな感じですし、
日本は「自民党一強」なので安倍政権がすぐに倒れることもないでしょう。



ドルの利上げも順調に行われそうですし、
日本の金融緩和もさり気なく出口戦略に向かいそう・・・



ってわけで、



ドル円は揉み合いながらも「停滞」するかも?
そして、この相場が「幸せの一本勝ち」に合っているのであれば、
これから先も右肩上がりでイケるかもですね。



「幸せの1本勝ち」はどこまで成績を伸ばせるのか?

それとも他のEAと同じようにいつか限界が来るのか?



なかなか、2年以上通用するEAって少ないですからねー。



今後を見守りたいと思います。



今なら安く買える?

トレーリングストップで幸せに一本勝ち
一本勝ち
一本勝ち | fx-on.com





<<<前のページ(WhiteBearZ USDJPYがFX-ONでの売上600本達成!)

>>>次のページ(FX-ONでカード決済が使えない?なんで?復活するのはいつ?)



自動売買の基本を勉強をしたい方は。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ

自動売買のポートフォリオはリスク分散ではなく資金効率重視。

FXの自動売買におけるポートフォリオは、リスク分散の為に「違う通貨」「違う手法」「違う時間軸」「違うリスク」のEAを組み合わせるのが正解だと言われていますが、本当なのでしょうか?同じ通貨でもいいのでは?同じ手法でもいいのでは?本当に大事なのは「利益効率」「資金効率」です。



こんにちは!ブログ管理人のasajiroです。



今日の話は、
EA販売業者やEA紹介アフィリエイターには
耳が痛い話だと思います。



「禁句」と言ってもいいかもしれません。



禁句.jpg



何の話かというと



「自動売買のポートフォリオ」に関する話です。



私、現時点で自動売買の経験は約4年となります。



Penguin祭りに喜んだり、
大ドローダウンに泣いたり、
某EAにやられたり、
自分の失敗を恨んだりしながら、



弛むことなく、4年続けて来ました。



大きな利益を産んだ口座もありますし、
破綻してしまった口座もあります。



現在では、



複数の口座にて複数のEAを回転させつつ、
各口座ごとにポートフォリオを組んで、
コツコツと利益を出しています。
(ブログで公開している口座はその一つです)



で、



ポートフォリオについて



4年掛かって得た結論。



ポートフォリオは、

リスク分散のタメにするのではなく、

利益効率を高めるためにするべきである。



というモノです。



「はあ?」



はあ?.jpg



という顔をしてる人もいるかと思いますので、



詳しく、



説明しよう!



説明しよう.jpg



よくFXの教科書には



「リスク分散のためにポートフォリオを組め!」



と書いてありますよ。



そう言ってる人も多いですし、
私もメルマガの中でそう言ってます。



間違っちゃいません。



間違っちゃいませんが、
ちょっと意味合いが違うのです。



この「リスク分散」のイメージは、



「リスクが高いEAとコツコツ型EAを同居させる」
「Aが負けた時はBが勝つ」
「スキャルEAが負けた時はスイングEAが勝つ」



といった「リスクを担保する」イメージですが、



はっきり言ってこれは「理想」です。



現実的に、そんな上手い具合に
「Aが負けた時はBが勝つ」なんてことは滅多に起こりません。



今まで、そんな場面ありました?



ほとんど無かったでしょ?



どちらかというと、



AもBも負ける!というパターンが何故か多いです。



負ける.jpg



リスクが高いEAはいつも、
コツコツ型のEAの利益を丸呑みしてしまうのです。。



つまり、



「負けを打ち消す」「負けを補填する」といった意味の
リスク分散はあまり意味が無いのです。



違う通貨ペア・違う手法のEAを入れたからと言って



リスク分散にはならないのです!



そして、「リスク分散」の名のもとに「成績イマイチなEA」「リスクが高いEA」を入れてしまう人がどれだけ多いか?



「うわ、EURUSDばっかりだよ。違う通貨ペアのEAを入れなきゃ!」



と思ったことないですか?



しかし、それも組み方次第なのです。



絶妙な石積み.jpg



私の考えるポートフォリオの極意は、



「成績の良いEAを使い、資金効率を高めること」



この条件に合っていれば、
使ってるEA全部「EURUSD」でもいいのです。
使ってるEA全部「スキャルピング」でもいいのです。



どういうことかというと、



1、EA単体のリスクヘッジ機能が高い。
(純粋に成績が良いEAだけを選ぶ)

2、違うタイミングでエントリーする確率が高い。
(多少の被りは良しとする)



という条件でEAを選ぶのです。



要は、EA単体でリスクを限定出来るEAを使って、
(ストップが入っている、的確な損切りが入る、大負けしない、など)

資金を休めること無く回す!
(エントリーが過剰に集中しない)



いつもより多く回っております。.jpg



「いつもより多めに回っております!」



というイメージです。



EA一つ一つがリスクをヘッジし、
なるべく違うタイミングでエントリーすることで市場リスクを押さえ、
資金効率を高めて利益を出す。



これが理想。



(もちろん、これは単なる理想であり、自分の思った通りにはならないことが多いです。笑)



資金を出来るだけ休めない!



というのがポイントで、



ポートフォリオは、
この資金効率を高めるために組むべきだと思うのです。



成績のいい一つのEAを
高Lotでバリバリ運用するのも非常に良い方法なのですが、
それだとコケた時のリスクがデカイし、
エントリーが無い時はつまらない
エントリーが無い時は資金が遊んでる状態になってとても勿体無いのです。



働き者.jpg



「働き者には、目一杯働いてもらう」



という・・・渡る世間は鬼ばかりなイメージです。
(ま、ソフトですから。働いて貰いましょう)



もちろん、取れるリスク容量によって
爆発的な組み方をしたっていいし、
安全型に組んだっていいのですが、
(これは個人の考え方次第)



単純に、
「違う通貨ペアだから」とか
「違う手法だから」と言って
EAを購入しちゃうのはどうかと思うわけですよ。



というわけで、



ポートフォリオに入れるEAの条件としては、



・EA単体がリスクを限定したものであること!
(マーチン、ナンピン、トラリピなどは避ける!)

・成績が良いこと
(フォワードテストを絶対確認)



この2つが必須。



その上で、



・全体の利益効率、資金効率
(出来るだけ資金を休めない)



を考えてポートフォリオを組むといいと思いますよ。



例えば、
私が現在基本にしている組み合わせは、



WhiteBearV3(EURUSD)
WhiteBearZドル円版
WhiteBearZユーロ円版



です。



それぞれがリスクを限定出来るEAであり、
成績が非常によく、
バラバラにエントリーすることが多いです(多少は被りますが)。



もちろん、EAにも調子の波がありますし、
苦手な相場得意な相場がありますので、
Lotの調整・オンオフをしてあげることも大事ですよ。



リスクの高いEA(マーチン、ナンピン、トラリピなど)は、
ポートフォリオには入れるべきではありません。
別口座で単体にて運用しましょう。
「口座破綻してもいい」という金額だけ入れてね。



参考までー。



管理人おすすめ口座はMyFXMarketsです。
MyFXMarketsを使ってます



いつも応援ありがとうございます〜。





<<<前のページ(オススメ有料スキャルEA!WhiteBearV3の2015年2〜3月実績。)

>>>次のページ(WhiteBearV3のトレンドフィルターが秀逸な理由。2015年4月実績。)



マジメな方限定。冷やかしの方はご遠慮下さい。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ

勝ち方より負け方を見ろ。勝てるMax2!に見るマーチンEAのリスクとDD。

ロジックではなく資金管理で勝てれば理想なのかもしれません。
しかし、現実的には難しいです・・・(センスとスキルが必要)。
ロジックで勝ちながら、負けた時のリスクを資金管理でコントロールするのがいいと思います。



こんにちは!ブログ管理人のasajiroです。



前回の記事で、こんなキレイなグラフは注意しなさいよー!と書きました。



マーチンのグラフ.jpg



ギザギザがない一直線のグラフです。



通常トレードは勝ったり負けたりするものですから、
どんなロジックであれこんなキレイな直線にはならないものです。



WhiteBearV3_20130917-6.jpg
こんな感じでギザギザデコボコになります。



しかしロジックではなく「資金管理」で勝負するタイプのEAであれば話は別。
つまり、逆行しても損切りはせず・・・ナンピンを仕掛けて反転を待つタイプのEA。
(その際のLotを倍々に増やして行くのがマーチンゲール)



相場は、いつか必ず反転します。



永遠にトレンドが続くことはありません。
なので、この考え方は間違っておらず、理論的には成り立ちます。



つまり、この考え方が成り立っているうちは、
キレ〜〜〜〜イな直線のグラフになるわけです。



しかぁぁぁぁし!



いつ反転するか?なんてのは誰にも分かりません。
明日かもしれませんし、1ヶ月後かもしれません。もしかしたら半年後かもしれません。



反転まで延々とその含み損に耐えないといけないのです。
しかも、ナンピン玉が発生する度にその含み損は増えていきます。



そして、限界が来た時に・・・



勝てるMAX!20131007.jpg



ドカーンと負けるのです!



これ、最初と同じEAのグラフですよ。



発売開始から順調に推移していたのですが、



一気に約8000ドルのドローダウン



・・・こういう事態を避ける為に、



EAを見る時は、



「勝ち方より負け方を見ろ」



というasajiroの名言を世間に広めようと思ってるのですが、



全然まったく一切広がってませんので、



今から手帳を開いてメモ( ..)φしておいて、
初心者の友達がいたら、
さも自分が考えた名言のようして言ってあげて下さいっ!



勝ち方より負け方を見ろ!と。



ドローダウンが起きた後は、誰だって「負け方」を見るんですよ。
でもドローダウンが起きる前は、誰も「負け方」を調べようとしません。



負ける時はどうやって負けるのか?
膨らんだLotはどうやって収束するのか?
その時の含み損はいくら?
どれだけの期間含み損に耐えてたのか?



ちなみに、このEAは今年の1月にも5段ナンピンが発生してて、
この時は1ヶ月弱で反転し事無きを得ています。



もしもこの時反転しなかったら・・・?



と考えなくてはならないのでーす。



・・・



田中邦衛.jpg
「帰って来ない」ことを前提に考えないといけないのだ(笑)。




今回、このEAは破綻前に損切りしたからまだマシですが、
損切りしないタイプのEAなら間違いなく破綻してたでしょう。



ちなみに、このEAは「最強のマーチンEA」として呼び声が高かった



「勝てるMax2!」です。



EAのトレード詳細はこちら。



現時点で230人以上の人が購入している超人気EA。
マーチンEAとはいえ、滅多に倍々Lotは発動せず、とても堅実な成績を上げていたEAです。
殆んどのトレードが2段までで収まっているわけですからロジックとしても優秀なのでしょう。



しかし、3段、4段とマーチンが発動した時のLot数は凄まじく、



0.13Lot→0.13Lot→0.26Lot→0.39Lot→0.91Lot



今回は、こんな感じで発動しました。
※説明によると(1+1+2+3+7+21)という感じで5段目まであるようです。



反転さえすれば一気にマイナスを帳消し。
さらにプラスに持っていける!



というのが見て取れると思います。



つまり、このEAは利益を出すのはコツコツスキャル型で、
損失が出た場合はマーチンによる資金管理で乗り切るEAだということ。



そして、殆んどのケースはこれで乗り切ることが出来るわけです!
(バックテストでは7年間乗り切ってます。笑)



が・・・帰ってくるはずの純は、今回帰って来なかったのです(笑)。



北の国から純.jpg



勘違いして頂きたくないのは、
これらマーチン型EAが優れてない!というわけではない、ということです。



扱いが難しい!



ということです。



含み損が発生した時の処置方法さえしっかり出来れば、
めっちゃ利益を出すことが出来るのです。



【含み損が発生した時の対処方法】

・自身の判断で損切り

・自身の判断でドテン

・自身の判断で両建て



これらは相当な裁量スキルが必要となります。
もちろん、何よりも大切なのは経験です。


どれだけ知識やスキルがあっても、
莫大な含み損を抱えるとパニックになりますから。



というわけで、



腕に自信があるトレーダー以外は、
こういったタイプのEAは避けた方が賢明だと思います。



特に、初心者は絶対NG。



ちなみに、



私にはそんなスキルも自信も無いため・・・
これらのEAを扱うことができません(笑)。



やはり、出来る限りテクニカルロジックで勝てるEAがいいです。
そして負けた時の損失は、自らの資金管理でコントロールするようにしましょう。



最大負けてもこの金額!これが分かってれば安心ですからね!





【追伸】8月に発売されたAshika。
一度大きなドローダウンがありましたが、その後調子いいですね!
EURUSD以外のEAが欲しい方・・・3通貨対応なのでお得ですよ。
Ashika V1




有料EAを運用するなら「PepperStone+キャッシュバック口座」が最強!
PepperStone口座について


最近使い出したIronFXもオススメ。こちらのメリットは入金ボーナス!
IronFX口座について



<<<前のページ(最強スキャルWhiteBearV3検証ブログ。2013年8月実績について。)

>>>次のページ(ちょっとまってね)



人生を変えたい方、自分の手で今後の人生を切り拓きたい方は是非どうぞ!

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



いつも応援ありがとうございます〜。





「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ


EAの取捨選択、EA管理の方法について。

今日は、EAの選び方、切り方についてお話します。
EAの管理方法の基本的考え方になりますのでよくよく覚えておいて下さいね。



こんにちは!ブログ管理人のasajiroです。



FX自動売買を行うに際しての大事なポイントの一つに、



EA(自動売買ソフト)の取捨選択。



というのがあります。



吉田麻也は要る?.jpg
日本代表、吉田麻也の取捨選択は?ミスしてもいいから諦めずに走れ。途中でやめんな。



何を当然のことを?と思われるかもしれませんが、
よく分かってない方が多いので改めて述べておきます。
特に「EAの捨て方」について。



高いお金を出して購入したEA。
それまでずっと利益を出してきたEA。



こういったEAでも・・・いずれ使えなくなる時が来るのです。
何故なら、相場は変遷するから。



10年前の相場と今の相場、違いますよね?
10年前の相場で通用したEAが今の相場で通用するでしょうか?



相場は、国の情勢や経済の状況によって変わります。
世界を取り巻く状況は刻一刻と変遷しているのです。
とすれば、EAに求められるベクトルも相場によって変わるのです。



また、年間単位でプラスのEAなんてのはそうそうありません。
それは、私が推しているPenguinさんのEAだって例外ではないのです。



PenguinさんのEAの中にだって成績が奮わないものもありますし、
調子を落としてマイナスになるものだってありますし、



仮に、自信を持って販売したとしても、その後の相場と合わないことだってあるのです。



もちろん、それらのEAの反省を材料にして、
そうならないように努力をし続けることによってより良いEAが生み出されるわけで、
成績の悪いEAそのものが絶対悪というわけではありません。
傑作WhiteBearシリーズもそうやって生み出されたのですし。



whitebearV3バナー1.jpg



問題は、それらを扱う・・・私達です。



口座の資金は、大事な大事な、命の次の次に大事なお金なんですから、



成績が奮わなくなったEAは容赦なく切る覚悟が必要なのです。



基本的に、EAは長期的視点で使わないといけませんが、



「半年使ってみたけど、微妙な成績」
「最近の成績は悪すぎる」
「ちょっと最近の相場に合ってないなあ」



と判断した場合は、EAを止めてデモで様子を見るなり、
違うEAに入れ替えるなり、



思い切って捨てる!などした方がいいのです。



この判断は他人に委ねることなく、自分でしなければなりません。
そこが自動売買の難しいところであり、面白いところなんですけどね。



というわけで、



自動売買をする方は以下の3つを必ず覚えておきましょう。



・EAはいつか使えない時が来る

・一年間プラスのEAはそうそうない

・EAの取捨選択には情け無用



とても大事なことですので、よく覚えておいて下さいね。



8月末までの限定価格です。3通貨で使えます。

ポートフォリオにいかが? 3通貨ペアー対応です。
Ashika V1




いつも応援ありがとうございます〜。






<<<前のページ(アルパリジャパンの自己アフィリエイトは出来るのか?)

>>>次のページ(AshikaV1の半額キャンペーンは8月31日まで!購入するなら今。)



thvv4.jpg
裁量で稼ぐのと、自動売買で稼ぐのどっちがいい?それとも両方?



メルマガに登録しておくと人生が変わるかもしれません。【asajiro今日の相場眼】配信中。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座


「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ

最大DD(ドローダウン)とは?EAを選ぶ時に最も大事な数値です。

最大DD(ドローダウン)を重視してEAを選ぶ!


こんばんは。管理人のasajiroです。


EAを選ぶ際に必ず確認しなければならない3つの数値。


・勝率と損益レシオ
・PF値(プロフィットファクター)
・最大ドローダウン(最大DD)


今日は最大DD(ドローダウン)について述べます。


この3つの数値はEAの性能を計る上でどの数値も大事ですが、
最も重視しないといけないのは、この「最大DD」です。


極端な事を言えば、勝率・損益レシオ・PF値がどんなに優秀だろうと、
この「最大DD」が大きいと非常に危険なEAということになります。


どうして?


「最大DD」は「あなたの口座資金」を元に計算されるからです。


DD(ドローダウン)とは「資金の下落率」を表します。普通にEAが出した損失のことをDDと言ったりもしますね。そして、DDの中でも一番大きい下落率を表したものが「最大DD」となります。


わかりやすく言うと、「資金が最大になった時点から下落し、再び最大値まで回復する間に、どれだけマイナスになってしまったか」を数値で表すわけです。・・・わかりにくいですね(笑)。


具体的に数字を出しましょう。


@最大資金が$3000の時に$300のDDを出したとします。その後順調に利益を出して$3000を回復します。この場合のDDは$300(10%)です。


A次に、$300のDDを出した後に、連敗してさらに$300のDDを出したとします。その後$3000まで回復すれば、この場合のDDは$600(20%)です。


@の後にAが起きた場合、このEAの最大DDは$600(20%)となるわけです。


つまり、この最大DDの数値が大きいと、


「負ける時にドカンと負ける」
「連続して負けることがある」


ということになるわけです。


この最大DDのボーダーラインは最低でも20%。もちろん低ければ低いほどいいです。
勝率がさほど高くなくても「最大DDが小さいEA」は、勝ったり負けたりを繰り返しながらも資金が減りにくいEAと言えますし、勝率がめちゃ高くても「最大DDが大きいEA」は、連戦連勝するけどドカンと資金が減るコツコツドカン型のEAと言えるわけです。


そして、とっても大事な点ですが、この最大DDは資金量によって変わります。
上記の例で言うと、資金が倍の$6000あれば最大DDは10%となりますし、半分の$1500しかなければ最大DDは40%となるわけです。


つまり、フォワードテスト等の「仮想資金」と「自分のリアル資金」にはギャップがあることを知っておかなければなりません。フォワードテストでは最大DDは10%でも、自分の口座では最大DDが40%になってしまうということになるというわけです。


最大DDの理想は10%以下!


マーチンゲール系やナンピン系、ストップが深いコツコツドカン系のEAは見た目はいいですけど、この最大DDが異常な場合が多いです。この最大DDが異常なEAで、何かアクシデント(介入とか事件とか)があった場合、待っているのはロスカット・・・口座破綻ですよ〜。


はい。というわけで、いかに最大DDが大事かわかりましたね〜。
EAを選ぶ際には必ず最大DDを意識するようにしましょう!



<<<前のページ(プロフィットファクターとは?)

>>>次のページ(「Forex Racco v2.30」のご紹介)



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ

プロフィットファクターとは?PF値だけでEAを選ぶのは危険!


今日はPF値(プロフィットファクター)について。


こんばんは。管理人のasajiroです。


昨日の続きです。
EAを選ぶ際に必ず必要な3つの項目、


・勝率と損益レシオ
・PF値(プロフィットファクター)
・最大ドローダウン(最大DD)


今日はPF値(プロフィットファクター)について簡単に述べたいと思います。
PF値は、昨日書いた「勝率と損益レシオ」のように複雑ではありません。


PF値=総利益÷総損失


で計算されます。期間内で得たプラス金額の総計をマイナスの総計で割るというシンプルな値です。例えば、総利益が$2000、総損失が$1000なら、PF値は2000/1000=2.0となります。


つまり、利益を出す為に生まれてきた自動売買ソフトとしては、最低でもPF値1.0が必要なわけです。PF値1.0を切るEAは、損失がでてしまうEAだということです。


また、PF値は資金量やLot数に関係なく算出されるので、EAの能力を測る上で最もポピュラーな値ですね。(上記の例で言うと、Lot数が半分になっても、$1000/$500=2.0となるので数値は変わりません)


なので、もちろんこの値は高ければ高い方がいいです。
しかし、ここには重大な落とし穴があります。


特にマーチン系のEAによくあるのですが、
「浮遊している未決済ポジションは、このPF値に含まれない」


ということです。つまり、決済完了してないトレードは数値に含まれないのです。
時々、大量に含み損ポジションを抱えたEAがありますが、見た目には、


「○連勝中、PF値は5.0」


なんてことになってしまいます。重々気を付ける必要がありますよ〜。
見た目の数字に騙されないことが肝要です。


それでは、最大DDについては明日書きます〜。



<<<前のページ(損益レシオと勝率の関連性について。)

>>>次のページ(最大DD(ドローダウン)とは?EAを選ぶ時に最も大事な数値です。)



「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ

損益レシオと勝率の関連性について。EAを選ぶ時は必ずチェックしよう。

損益レシオを計算することはとっても大事です。
EAを選ぶ際には勝率と関連付けて考察しよう。


こんばんは。管理人のasajiroです。


・勝率と損益レシオ
・PF値(プロフィットファクター)
・最大ドローダウン(最大DD)


前回の記事で、EAを選ぶ際にはこの3つをキチンと理解しようってお話をしました。
今日は勝率と損益レシオについて。




◆勝率と損益レシオ


勝率・・・勝ちトレード数÷総トレード数
損益レシオ・・・平均勝ち金額÷平均負け金額


勝率と損益レシオは、密接な関係にあります。
これは必ず意識しないといけません。


みなさん勝率は必ずチェックするんですけど、
損益レシオと一緒に考えないとはっきり言って無駄です。


例えば、


勝率50%のEAでも、損益レシオが1.5とかあればカナリ優秀なEAだし、
勝率95%とかあっても、損益レシオが0.03とかしかなければダメダメなEAとなります。


理想を言えば、


スキャル系EAの場合は、勝率90〜95%で損益レシオは0.1〜0.2位。
ちなみに勝率90%、損益レシオ0.11でプラマイゼロ。これがラインとなります。


デイトレ系EAの場合は、勝率66〜90%で損益レシオは0.2〜1.0位。
勝率66%しかなくても損益レシオが0.5あればプラマイゼロ


あんまりお目にかからないけど、
スイング系のEAの場合は、勝率50〜90%で損益レシオは1.0〜2.0


というカンジですかね。
もちろんEAによって特長があるから一概には言えませんけど、


「この損益レシオなら、勝率は何%必要」


という考え方をすると、ヒジョーに分かり易いです。


例を挙げます。


損益レシオ:0.1 ⇒ 10勝1敗 ⇒ 勝率90.9%が必要
損益レシオ:0.2 ⇒ 10勝2敗 ⇒ 勝率83.3%が必要
損益レシオ:0.3 ⇒ 10勝3敗 ⇒ 勝率76.9%が必要
損益レシオ:0.4 ⇒ 10勝4敗 ⇒ 勝率71.4%が必要
損益レシオ:0.5 ⇒ 10勝5敗 ⇒ 勝率66.6%が必要
損益レシオ:0.6 ⇒ 10勝6敗 ⇒ 勝率62.5%が必要
損益レシオ:0.7 ⇒ 10勝7敗 ⇒ 勝率58.8%が必要
損益レシオ:0.8 ⇒ 10勝8敗 ⇒ 勝率55.5%が必要
損益レシオ:0.9 ⇒ 10勝9敗 ⇒ 勝率52.6%が必要
損益レシオ:1.0 ⇒ 10勝10敗 ⇒ 勝率50.0%が必要


ね?とっても分かり易いと思いませんか?損益レシオが0.1のEAなら最低90.9%の勝率が必要で、それ以上勝率が上がるほど優秀なEAと言えるわけです。


つまり、優秀なEAの定義の1つは、このバランスが優れている点だと言えます。
勝率と損益レシオは単体ではなく、バランスで考えるべきなのです。


続きはまた明日です〜。



<<<前のページ(EAを選ぶ際の大事な点は?良いEAの条件とは?)

>>>次のページ(プロフィットファクターとは?PF値だけでEAを選ぶのは危険!)



「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ


EAを選ぶ際の大事な点は?良いEAの条件とは?


EA運用において、最も大事なことはなんだと思いますか?


こんばんは。管理人のasajiroです。


今日は「EAの性能」について。良いEAの条件とは何か?
EAを選ぶ際に大事な点は何か?


みなさんは、EAを選ぶ際に何を重視していますか?


フォワードテストの成績が良いEA?
勝率が高いEA?
サイト内ランキングで人気が高いEA?


もちろん、勝率が高く、人気があって、フォワードテストの内容が素晴らしいEAに越したことはありませんが・・・それでもちゃんと自分の目で確認しないといけない項目があります。


・勝率と損益レシオ
・PF値(プロフィットファクター)
・最大ドローダウン(最大DD)


この三つです。


「これだけ成績がいいんだから、細かい数字は必要ないだろ?」
って方は今すぐ考えを改めましょう。どれだけ現在の成績が良いEAでも未来の成績はわかりません。急に悪くなるかもしれないし、ドッカンと落ち込むかもしれません。


「なんだよ!!!あれだけ調子良かったのに!なんで?」


と嘆きながら口座破綻した人がこれまでどれだけいたでしょう。


EA運用で最も大事なのは、EAの性能ではありません。
EA運用で最も大事なのは、EA運用者の性能です。


全てホッタラカシで勝てるほど甘くないし、
どんなに素晴らしいEAだろうと未来のリスクは保留されたままです。


未来のリスクをヘッジできるのは、運用者のEAスキルだけ。
EAスキルとは、資金管理・リスク管理・EA選択。大きく分けてこの3つ。


ということを理解した上で・・・


まず「EA選択」の際に必ず注意すべき点。


・勝率と損益レシオ
・PF値(プロフィットファクター)
・最大ドローダウン(最大DD)


について見て行きましょう。


自動売買で負けるのは、EAのせいではありません。
そのEAを選んだ「あなたのせい」ですよ。


続きは明日です〜。



<<<前のページ(有料EAと無料EA比較まとめ。)

>>>次のページ(損益レシオと勝率の関連性について。EAを選ぶ時は必ずチェックしよう。)



「FX-ONのシステムトレードでマイホームの頭金を貯める話」TOPページ