AxiTrader - FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ

FX-ONのイチオシEA

当ブログのオススメEA
定番ドル円Z!
White Bear Z USDJPY
裏番ユロ円Z!
White Bear Z EURJPY
カバ助の心
Ririy&Racco's HippoRiriy&Racco's Hippo | fx-on.com
ぽんぽんぽん!
White Bear Z GBP
スイング波動砲
FOREX.com×タイアップキャンペーン☆Beatrice-07

AxiTraderの口座作成マニュアル(2014年最新)を作ってみた。

もしや最高の海外業者かも?と思われるAxiTrader(アクシトレーダー)。
PepperStone以上・・・と専らの噂ですし、早速新しい口座を作ることにしました。



こんにちは。ブログ管理人のasajiroです。



先日、オーストラリアのブローカーAxiTraderについて詳しく紹介しましたが(記事はこちら)、
AxiTraderを簡単に言えば・・・
スプレッドはPepperStoneより若干狭く(つまり最高レベル)、約定力もかなり高水準。
オーストラリアでシェア1位であるからして信用度もかなり上位に位置するブローカーです。



最近、PepperStoneの滑りが気になりますし、



使ってたIronFXが使えなくなっちゃったし、
リスク分散の意味も含めて、



早速私もAxiTraderの口座を開設することにしました。



・・・が、AxiTraderが日本市場からの撤退を決定(ガーン)。



というわけで、



以下の記事は残しますが、



AxiTraderの小会社MyFXMarketsで口座を作ることにしました。



このMyFXMarkets・・・
条件はAxiTraderと全く一緒ってんですからとても良いのですが、
残念ながら日本語サイトがないのですよ。
なので英語が苦手な方にも分かりやすいように分かりやすく記事にしましたよー。
良かったらご活用下さいまし。
MyFXMarketsの口座作成マニュアル



以下、AxiTraderの話になりますが、
現在日本人は口座開設出来ませんのでご注意下さいね。



------------------------------------



まずはキャッシュバックサイトを経由して・・・
FinalCashBackでもRoyalCashBackもバック率は0.31pips。どちらでもいいですが、
必ずキャッシュバックサイトを経由して口座を作成しましょう。



当たり前ですが、スプレッドの狭い業者ほどバックpipsも低いです。
上記キャッシュバックサイトを確認してもらえば分かりますが、AxiTraderはまさに最狭です。



今回、私はRoyalCashBack経由で。



AxiTrader口座開設1.jpg



RoyalCashBackに登録してない方はこの機会に登録しちゃいましょう。
「無料ユーザー登録」をクリックして指示に従うだけ。



登録したらIDとパスを入力してログイン。
ログインした状態で、



AxiTrader口座開設2.jpg



AxiTraderの画像をクリック。



概要をひと通りご覧になったら、



AxiTrader口座開設3マニュアル.jpg



まず「口座開設マニュアル」をクリックして口座開設の流れをサササっとチェック。



後ほどAxiTraderの日本語マニュアルがダウンロード可能ですし、
当ブログでも詳しく解説するのでサササッとでOKです。



とりあえず先に進みましょう。



AxiTrader口座開設3.jpg



「キャッシュバック口座開設はこちら」をクリック。



AxiTraderのHPに飛ぶので、まず右肩の「日本語」をクリックしよう。



AxiTrader口座開設4.jpg



すると、完全日本語のサイトとなります。



で、画面右の「ライブ口座開設」をクリック。



AxiTrader口座開設5ライブ口座.jpg



注意書きが出現しました。



AxiTrader口座開設6注意書き.jpg



要は、このサイトは「日本人専用」ってわけじゃなく「ワールドワイド」のサイトですよ!
ということでしょう。日本人だけを対象にすると金融庁のチェックが入るんでしょうね。
一応確認して☓を。



親切なことに、
ココに日本語の口座開設マニュアルが置いてあります。



AxiTrader口座開設7マニュアル.jpg



ココをクリックしてマニュアルをダウンロードすると、
口座開設から入金までのマニュアルがご覧いただけます。



が、多少現在のものと違いますし、英語サイト用ですので、
当ブログで日本語サイト用の解説をしますね。



まずは「口座開設申し込みを開始」で、



「名」「姓」「メールアドレス」「国」「携帯番号(電話番号)」を入力。



AxiTrader口座開設8申し込み.jpg



こんな感じ。入力したら「リクエストを送信」をクリック。



すると申し込みページに移動します。



AxiTrader口座開設9申し込み英文.jpg



Languageを「日本語」にしましょう。するとこんな風に変わります。



AxiTrader口座開設9申し込み日本語.jpg



一般の方は「個人口座」を選択しましょう。



次へをクリック。



次は「本人情報の入力」です。
ちょっとマニュアルと情報が違いますね。ここでは簡単な情報入力となります。



AxiTrader口座開設9個人情報入力.jpg



こんな感じ。
電話番号は最初のマスに「81」(日本の番号)。
次は「市外局番の0を外した番号」(例012-345-6789→123456789)



最後の「ご紹介者」のところは・・・
「FXroyalcashback」と入力するはずですが「AXIT」と固定されてて入力出来ません〜。
エラーかな?まあ、この点は後ほどメールで担当に伝えれば大丈夫でしょう。
エラーが無ければココには「キャッシュバックサイト」「紹介者」の名前を入力しましょう。



「取引口座タイプの選択」へ。



AxiTrader口座開設10口座タイプ.jpg



取引口座の選択です。お好きな方を選んで下さい。



ちなみにどう違うかと言うと、



スタンダード口座
AxiTrader口座開設11スタンダード口座.jpg



プロ口座
AxiTrader口座開設12プロ口座.jpg



AxiTraderの口座タイプについて詳しくはこちら。



ごくごく簡単に言えば、


スプレッド普通(手数料無料)なのがスタンダード口座。
スプレッド極狭(手数料有り)がプロ口座。



どちらにも一長一短ありますが、
スキャル系の方は0.数pipsが勝負の分かれ目になります。プロ口座の方が有利でしょう。
逆に大きなpipsを取る方はスタンダード口座の方がいいと思われます。
「スプレッド」を取るか「手数料」を取るのか・・・の選択です。



後は最低証拠金と最低Lot数が違います。
特にプロ口座は最低Lotが0.10Lot(一万通貨)となりますので注意が必要です。



今回、私はプロ口座にしてみました。
(後から簡単に口座追加出来ますのでどちらでもいいと思います)



次に進むをクリック。



申し込み詳細に移ります。



AxiTrader口座開設12申し込み詳細1.jpg

AxiTrader口座開設12申し込み詳細2.jpg

AxiTrader口座開設12申し込み詳細3.jpg



特に注意する点はありません。
運転免許証番号くらいでしょうか(必須ではありません)。



*を全て入力したら、「銀行口座登録へ進む」をクリック。



AxiTrader口座開設13銀行口座登録.jpg



銀行口座の登録は任意です。出金の際に登録した口座に送金されます。
(クレジットカードの場合は、クレジットカードに出金されます)
この登録は後から行う事もできますので、スルーしても構いません。



ちなみにSWIFTコード一覧はこちら



SWIFTコードがあるってことは、ネット銀行はダメなんでしょうね。
とりあえずカードで入金する予定ですので「いいえ」を選択して次に進みます。



AxiTrader口座開設14代理人登録.jpg



代理人の登録・・・一般の方は「いいえ」でOKです。



「質問項目に進む」をクリック。



AxiTrader口座開設15取引通貨・レバ.jpg



質問1。取引通貨選択・・・AxiTraderではAUDを選んだ方が利子が付くし入金手数料等も安くなってよいのですが、私個人はインカムゲインよりキャピタルゲイン重視なのでセオリー通りUSD建てにします。



米金融緩和縮小(ドル高要因)、アベノミクスという観点(円安要因)から
今後対円に関してはドル高になるのでは・・・と思ってますし、
AUDはリスク選好通貨でありますし、中国との関わりが深いので、
チャイナショック!などが仮に起こった場合、豪ドルは急落すると思われるので・・・
豪ドル建てというのはちょっと避けたい所であります。非常に魅力的ではあるのですが。



・・・まあ、ご都合に合わせて選択して下さい。



質問2。レバレッジは400倍を推奨します。
自動売買を行う場合は特に、レバは大きい方がいいです。
資金管理をちゃんとやれば問題ありません。



次は、PINの入力。



AxiTrader口座開設16PIN入力.jpg



登録したメールアドレス宛てに「【AxiTrader】口座申し込み」というメールが届いてると思います。
このメールに添付されている契約書、説明書等をサササッとご覧になって、
このメールに記載されてるPINコードを入力(私の時は4桁でした)。



全てにチェックを入れて、「同意する」をクリック。
(同意するがクリック出来ない場合、チェックをもう一度入れなおす)



AxiTrader口座開設17電子認証.jpg




最後は認証作業です。2点の書類が必要になります。



身分証明書(免許証・パスポートなど)
住所確認書類(公共料金・携帯電話請求書など)



身分証明書・書類を携帯の写メで撮るかスキャンしてデータを取り込みましょう。
「書類をアップロード」をクリックしデータをファイルを選択すればOK。



アップロードしたら、アップロード完了をクリック。



AxiTrader口座開設17電子認証2.jpg



これで口座開設手続き完了です。



AxiTrader口座開設18完了.jpg



口座開設完了のメールが届くのを待ちましょう。
(MT4のダウンロード、入金はそれから)



ちなみに、途中で時間切れになると、



AxiTrader口座開設20接続時間切れ.jpg



こんな画面になります。



届いてるメールに「お申込みを続行する場合はこちら」という所がありますので、
ここから再度手続きをされて下さい。



AxiTrader口座開設21お申込み再開.jpg



生年月日とメールアドレスを入力すると再開出来ます。



それから、口座開設の際は必ずキャッシュバックサイト等の「IB紐付け」を確認しましょう。
確認したら、キャッシュバックサイトに「申請」するのを忘れずに。



これを忘れたせいで、



半年以上キャッシュバックを貰ってるつもりになってた愚か者は、



何を隠そう私のことです。わっはっは。



わっはっは.jpg



ちなみに、CashBackサイトなどのIB紐付けは、
「他に紐付けが無ければ」後から指定することも可能です。



また、追加口座を作った時も「IB紐付け」を指定することが可能です。
ウェブサイト等からは出来ませんが、直接サポートにメールで依頼すればOK。



今回「ご紹介者」の所で、FXRoyalCashBackと入力出来ませんでしたが、
後ほどAxiサポートに確認してみたいと思います(結果は追記します)。





【追記1】現在調整中?


口座開設の完了メールかと思いきや・・・こんなメールが届きました。


AxiTrader口座開設22ウェルカムボーナス.jpg


どうやら、現時点では新規の口座開設は見合わせているみたいですね。
噂では「ロンドンオフィス」を近々オープンさせるため、
コンプライアンスの見直しとか色々とチェックしているのだとか・・・
しかしウェルカムボーナスはちょっとだけ嬉しいですねー(笑)。


進展があったらまた。




【追記2】AxiTrader日本撤退。

どうやら、日本の金融庁からのお達しで、
AxiTraderは日本市場から撤退する模様です。
謝罪のメールが来ました・・・せっかく口座開設したのにー!
→AxiTrader小会社のMyFXMarketsで口座を作ることにしました。




いつも応援ありがとうございます〜。





<<<前のページ(AxiTraderの評判、スプレッド・約定力について。)

>>>次のページ(BandCross3 EURUSDの検証開始。スキャルと好相性のデイトレEA)



お金に興味がある方、勉強したい方は是非登録してね。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ




AxiTraderの評判、スプレッド・約定力について。

オーストラリアでシェア一位のブローカーAxiTrader(アクシトレーダー)について調べてみました。PepperStoneよりもスプレッド狭い?スリップしない??使える???



こんにちは!ブログ管理人のasajiroです。



最近まで、管理人はPepperStoneとIronFXで複数口座を運用していたのですが、
IronFXの日本法人化に伴い・・・(現在登録申請中のようです)


IronFXから撤退。


日本法人化すれば・・・レバも25倍になりますし、入金ボーナスも無くなるだろうし。
いずれにせよ、現在の口座はすでに利用不能となりましたので致し方ありません。
結構魅力的なブローカーだったんだけどなあ。


IronFXでは2つの口座を作ってましたが、
いずれも出金処理を行いました。


で、代わりとなるブローカーを探していたのですが・・・


AxiTraderロゴ.jpg


AxiTrader(アクシトレーダー)


というオーストラリアのブローカーが浮上!


元々、オーストラリアでシェアNo.1のブローカーであり、


信頼度・実績などは文句なし。


オーストラリアのブローカーといえば、PepperStoneの方が有名ですが・・・
比べるまでもなく、AxiTraderの方が大きい業者みたいですね。
そんで同じオーストラリアの業者だけにスプレッドなどのスペックは酷似してます。
どちらかと言うと、AxiTraderの方が狭いです。


「asajiroさん、じゃあ何故、AxiTraderはあまり有名じゃないのですか?」


これは業者の戦略による所が大きいみたいです。
AxiTraderは今まで欧州に力を入れてて、日本は今まで無視してきたみたいです。
ところがPepperStoneはいち早く日本向けのマーケティングを行いました。
日本向けのHPを作り、広告を打ち、便利な入出金体制を作り、日本人向けサポートを行ったわけです。


これが大成功してPepperStoneは日本のシェアを増やしたわけです。


で、


結局AxiTraderってどうなの?


はい。ちょっと調べてみました。



■AxiTrader基本情報

・オーストラリアでシェア一位のブローカー。
・レベレッジ400倍
・取引は0.01Lot(1000通貨)から、最大100Lot(1000万通貨)まで
・両建てOK
・最低証拠金200ドルから
・サーバーはNYに設置
・MT4対応
・自動売買可能
・オーストラリア証券投資委員会(ASIC)認可(ライセンスNo.318232)
・2013年の取扱高は8兆2161億ドル(豪シェア一位)
・世界大手の主要14銀行により流動性を反映させ狭いスプレッドを実現。
・24時間カスタマーサポート対応(日本語サポートあり。日本人女性のサポート)
・取引口座通貨がオーストラリアドルの場合利息が!
・口座タイプは「スタンダード口座」と「プロ口座」の2つ。
・資金はオーストラリア国内(National Australia Bank)にて分別管理。



■AxiTraderのスプレッド

やっぱり気になるスプレッド。
スタンダード口座(手数料無し)とプロ口座(手数料有り)がありますが、
以下はスタンダード口座のスプレッドです。

EURUSD 0.6〜1.8pips(実質1.1〜1.5pips前後)
USDJPY 1.0〜1.7pips(実質1.3〜1.5pips前後)
GBPUSD 1.0〜2.2pips(実質1.5〜2.0pips前後)
AUDUSD 1.0〜1.8pips(実質1.2〜1.6pips前後)
AUDJPY 1.0〜2.2pips(実質1.4〜2.0pips前後)
EURJPY 1.0〜2.2pips(実質1.5〜2.0pips前後)


AxiTraderスプレッド1.jpg
AxiTraderスプレッド2.jpg
AxiTraderスプレッド3.jpg

AxiTraderのHPより


PepperStoneより0.1〜0.2pips狭いという感じです。
今までPepperStoneが最狭と思ってましたが・・・これは嬉しいです!



■AxiTraderの約定力

AxiTraderの何が売りかって・・・スプレッドじゃありません。約定力です
PepperStoneよりかなり強いそうです。
最近PepperStoneのスリッページが問題になってましたが・・・(私も口座でもかなり滑りますが)
AxiTraderは時間によって広がることも殆んどなく、かなり安定しているようです。
指標発表時などの時でもPepperの半分程度のスリップに抑えられるそうな。



■AxiTraderのサポート

かなり、親切で丁寧ですよ。
実は今回、何故AxiTraderを知ったかというと、最初に先方担当者から連絡を頂いたのです。
職業柄、結構多くのブローカーから接触があるのですよ。
「紹介してください〜」とか「IBに興味ありませんかー」とかね。営業されるわけです。
しかし数が多いのでほとんどの業者はメールボックスに埋もれてしまうのですが・・・

思わず返信したのがAxiTraderさんです。
礼儀正しく丁寧な文章だったので目を引きました。
AxiTraderのHPも完全な日本語ですし(AxiTraderのHPはこちら)、
日本人スタッフが2名常駐しているそうで、日本語サポートは完璧です。



■AxiTraderの入出金

これがちょっとデメリット。・・・・と言ってもPepperStoneと較べての話です。
さすがにPepperStoneの日本人向け入出金サービスは最高レベル。敵いません。


・AxiTraderの入金

AxiTrader入出金.jpg

入金方法は、銀行送金・クレカ・MoneyBokkers・Bpayから選べます。
国内銀行(三井住友)への振込入金が可能!これは嬉しい!ただ1〜3日時間が掛かります。
入金手数料は、国内振込手数料のみ!クレカ・Moneybookersの場合初回無料。



・AxiTraderの出金

AxiTrader出金.jpg

入金と同じ方法で出金(マネーロンダリングを防ぐため)。
銀行送金・Moneybookersの場合、一律2500円の手数料が発生します。デメリット。
クレカの場合は無料・・・なので手数料を考えたらクレカでの入金が一番良いかも。

複数口座間の資金移動は「メール依頼」で可能。
ちょっと面倒ですね。WEB上でパパッと出来たらいいのに。
ブローカー間資金移動(BtoB)は「入金はOK」だけど「出金はNG」。



■AxiTraderは利息がつく?

普通、円口座やドル口座を作る方が多いと思いますが・・・
豪ドルで口座を作ると・・・なんと利息が付きます!これはビックリなサービスですね。
どの位利息が付くかというと、現在の豪ドルの政策金利が2.5%(変動します)。
年利2.5%が自動的に貰えるということでいいのかな。・・・こりゃ嬉しい!

もちろん為替差損も発生するので注意が必要です。
仮にアベノミクスで円安になるならウハウハですが、
豪ドルは中国元とも密接に繋がってますのでリスクもありますね。



■AxiTraderまとめ。

ごくごく簡単に言うと、PepperStoneの強化版ブローカーです。
スプレッドは同等以上の上に、約定力・サーバーの強さははるかに格上です。
分からないのは大Lotの時の約定力ですが・・・おそらくPepperStoneより上でしょう。

デメリットとしては、入出金時のオプションの少なさとスピードと手数料。
NetellerやWebmoney等にも対応して貰えると嬉しいのですが・・・。

PepperStoneの約定力に不満を持ってる方は、乗り換えも有りだという結論です。
PepperStone→AxiTraderのブローカー間資金移動(BtoB)は大丈夫。可能です。



というわけで、



私もPepperStoneからの乗り換え検討中。







【追記】AxiTraderが日本市場から撤退!

そ、そんなバカな!PepperStoneからの移行を前提にAxiTraderの口座を作ったのですが、
同じタイミングでAxitraderの日本市場撤退が決定・・・ガーン。
しかし!AxiTraderの完全小会社MyFXMarketsでの日本人受け入れが決定!
私もMyFXMarketsにて口座を作ることにしました!→詳細はこちら




<<<前のページ(FXドル口座の日本円換算・変換ソフト「PROFIT_2013」が便利過ぎる【確定申告】)

>>>次のページ(AxiTraderの口座作成マニュアル(2014年最新)を作ってみた。)



質問ある方はまずメルマガに登録してね。来たメールに返信してくれればOK。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ