TradersTrust - FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ

FX-ONのイチオシEA

当ブログのオススメEA
定番ドル円Z!
White Bear Z USDJPY
裏番ユロ円Z!
White Bear Z EURJPY
カバ助の心
Ririy&Racco's HippoRiriy&Racco's Hippo | fx-on.com
ぽんぽんぽん!
White Bear Z GBP
スイング波動砲
FOREX.com×タイアップキャンペーン☆Beatrice-07

スキャルピングEAを長期的に使うならECN口座が良い。

ずっとTradersTrustのスタンダード口座(STP口座)で自動売買を行っていたのですが、勝ったり負けたりであまり成績が上がらず(この間、ほぼ同じEAを使っているMyFXMarketsは大勝)。やはりスキャルピングはECN口座が良いですね。というわけで今回、ECNのTradersTrustプロ口座を開設することにしました。



こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。



当ブログの左サイドバーに置いてる・・・

Myfxbookのフォワードテストをご覧になれば分かる通り、



2018年の我が自動売買の成績は絶好調!







でありまして、



口座によっては数十万単位。

トータルでも100万円以上のプラスになってるわけですよ。



いえーい♪



いえーい.jpg



しかし・・・大きく勝っているのは、



MyFXMarketsのプロ口座ECN口座)でして、

TradersTrustのスタンダード口座STP口座)は、

この間プラスではありますが・・・大したプラスではなく、

なかなか成績が伸びないんですよね。
(TradersTrustはブローカーとしては信頼が置けるのですが・・・肝心のEAの成績がイマイチだった)



これは、私の使用しているEA群のほとんどが

「スキャルピング」であることが大きく・・・



やはり、

スキャルピングEAはECN口座で運用した方がいい!

ということだと思わます。



ここで初心者の方のために一応復習しておきましょう。



・STP取引(straight through processing)
ユーザーから発注された注文をそのままカバー先の金融機関に流す取引方法。
手数料は発生せず、スプレッドが業者の利益になります。



・ECN取引(Electronic Communications Network)
電子商取引で別の顧客とマッチングさせることで取引を成立させる取引方法。
1Lotあたり往復10ドル程度の手数料が発生する代わりに、スプレッドは極小です。



ごくごく簡単に言ってしまうと・・・、



STP取引・・・ユーロドルのスプレッド1.4pips。手数料なし。

ECN取引・・・ユーロドルのスプレッド0.4pips。手数料は1pips程度。



といった感じになりますよ。



こうやって見ると・・・



「結局同じじゃね?・・・いや、確実に手数料取られるECNの方が不利なんじゃね?」



と思ってしまうわけですが、



そうじゃないのです!



亀仙人おもしろ.jpg



手数料を取られる代わりに、スプレッドが1.0pips狭い。

スプレッドが1.0pips狭いということは・・・

1.0pips早くTPに刺さる!わけです。

(通貨によって割合は変わります)



この1.0pipsが・・・

スキャルピングだとかなりデカイわけ。

(そもそものTPが6.0〜7.0pipsってのが多いからね)



「あと1pipsでTPだったのに!」



という経験は誰しもあるはず!



ECN口座の場合、この「あと1pips」の地点でTPに刺さるため・・・

プラス圏での決済が非常に多くなるわけ。



Penguin(Racco)ブランドのEAとかだと、

ある程度時間が経つと「建値決済」されることが多いわけだけど、



同じEAでも、

ECN口座だとTP決済!しかし、STP口座だと建値決済・・・

なんてことが時々起こるわけさ。



建値決済どころか・・・そのまま逆行してSLに刺さることだってあるわけで。

TP決済とSL決済なんて・・・そのまま天国と地獄だから。

そりゃ成績だって大きく変わるわな。



というわけで、



私もずっとTradersTrustはスタンダード口座(STP)を使っていたのですが、

この度、ECNのプロ口座を作り、

資金も全て移動させることにしました。

TradersTrustについて



これで・・・



TradersTrsutの成績も上がる!



・・・と期待してます!



<<<前のページ(Ririy&Racco's Hippoの2018年の成績は横ばいややマイナス。)

>>>次のページ(ちょっとまってね)



登録しておくと、クローズドのEAが使えるようになる・・・かも。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ

TradersTrust(TTCM)のスワップ拡大・異常について

2016年9月、TradersTrustのスワップがおかしい?急激にマイナス方向に広がった?TradersTrustは数少ないNDD業者でありますが、時々「スワップが異常に広がる」ということが起きます(私が確認しただけでも3回目)。その度に男一匹浅次郎、直接改善交渉してスワップの是正をして来たわけですが、そもそもなんでスワップが広がっちゃうの?



こんにちは!ブログ管理人の浅次郎です。



私が愛用しているFX口座の一つに「TradersTrust」(TTCM)があります。



なぜ、愛用しているかというと、
TradersTrustは、完全にNDD業者であるからです。



DDとNDDの違い.jpg



※NDD業者とは、ディーリングデスクなしの業者のこと。
多くの業者はHP上でNDDを謳っていますが、その多くはDD業者・・・
つまり、呑み業者(マーケットメイカー)であります。
詳しくはこちら。勉強になるので是非ご覧下さい。



DD業者とユーザーは利益相反。
(ユーザーの損失が業者の利益)



でも、



NDD業者とユーザーは基本的にWin-Winです。
(手数料が業者の利益なので、ユーザーが勝てば勝つほど儲かる)



多少スプレッドが広くても、
多少マイナススワップが大きくても、



この安心感は代え難いです。



ま、TradersTrustは低スプレッド口座で口座開設すれば、
スプレッドも狭いですけどね。



キャッシュバックサイトから口座作成すれば、
低スプレッド口座で開設出来て、キャッシュバックも貰えて一石二鳥。



FinalCashBack





FXRoyalCashBack





だけんどもしかし!



NDD業者と言えども油断は禁物。



知らぬ間に・・・



スワップが・・・マイナス方向に広がるのだ!



■2016年9月2日時点のTradersTrustのスワップポイント
(通貨、買いスワップ、売りスワップ)

EURUSD −11.32 +1.8
GBPUSD −10.14 −1.02
USDJPY +1.23 −3.36
EURJPY −7.02 +0.24
GBPJPY −4.74 −3.24
USDCAD −1.12 −2.08
AUDUSD +0.37 −4.18
AUDJPY +2.42 −5.64



ドル円やドルカナダはまだマシですが・・・



ユロドルの買いスワップ−11.32ってなんだ?



ユロドルは私の自動売買でもメイン通貨。



−11.32ポイントってことは、
1.0Lotのトレードにつき、1日−11.32ドルのマイナススワップ
付くことになるのであり、
これは1.1pipsに相当するマイナスなのです!



スキャルピングメインの場合はあまり関係ない・・と思いきや、
日をまたぐトレードになった場合は、
ズビシ!とマイナスが計上されちゃうのですよ。



こんな感じで。



ttcmスワップ異常.jpg
トレードは建値決済でプラマイ0なのに、スワップのせいでマイナスに。



そもそもスワップ金利というのは、
通貨間の金利差のはずであり、



EUR金利・・・0%
USD金利・・・0.5%



なのに、なんでそんなにマイナススワップがデカくなるのか?



この辺は大人の事情もあるのでしょうけど、



それにしても−11.32は異常です。



他、



GBPUSDの買いスワップ−10.14
EURJPYの買いスワップ−7.02
GBPJPYの買いスワップ−4.74(本来プラスだろ!)



もかなり異常。



ってわけで、男一匹浅次郎。



多くの顧客を持ってる強みを活かし、
ドブネズミのように誰よりもやさしく、
ドブネズミのように何よりもあたたかく、
イヤダイヤダと地団駄踏みながら、







TradersTrustと直接交渉してきましたよ。



そしてこれが交渉の末に変更して貰ったスワップポイント。



■9月9日時点のTradersTrustのスワップポイント
(通貨、買いスワップ、売りスワップ)

EURUSD −5.44 +1.07
GBPUSD −3.66 −1.02
USDJPY +1.23 −3.36
EURJPY −2.04 +0.24
GBPJPY +0.46 −3.24
USDCAD −1.12 −2.08
AUDUSD +0.12 −3.58
AUDJPY +2.42 −5.64



「おおっ!かなり改善されたやんけ!」

(変わらんかったのもあるけど!)



はいな。



「浅次郎、よくやった!」



と言って頂けると嬉しいです(笑)。



まだまだEURUSDの買いスワップが大きいとは思いますが、
とりあえずはこのくらいが限界・・・



というわけで、この辺で許してくださいマチルダさーーーん。



マチルダさーん.jpg


・・・



ところで、



なぜスワップはこんなに拡大するのでしょうか?



「通貨間の金利差」



と言うのは建前。



スワップマネージャーの判断に従って(業者の都合に合わせて)
スワップ金利が決定されているのは明白です。
(だから業者によって結構大きく違う)
(本来買いスワップと売りスワップは同じ数値のプラスマイナスにならねばならない)



TradersTrustのようなNDD業者は、
スプレッドやECN手数料がメインの収入源のタメ、
他のマーケットメイカー業者のように派手に儲けることが出来ません。



でも、これ以上スプレッドは広げられないし、
手数料を上げる訳にも行かない。
(他社との競争に負けてしまう)



ならばどうするか?



こっそりスワップを広げて収益に繋げよう・・・



と考えても不思議はないわけだになー(私の妄想です)。



ま、しかしTardersTrustは交渉にも応じてくれますし、
実際にスワップの改善にも応じてくれます。



スワップマネージャーの方も、



「どこまで広げたら浅次郎からクレーム来るかな?」



などと考えているのかもしれません(笑)。



スワップ金利目当てのトレーダーは
TradersTrustなんぞ使わないでしょうからねー。
(つまりクレームはあんまりこない?)



というわけで、



今後、またTradersTrustのスワップが広がることもあるでしょう。
(私が改善交渉したのは3回目です)



その時は是非浅次郎にご一報を。

(メルマガに登録してない人は登録してね)



コネとアゴとリンダリンダで改善交渉しますので。




<<<前のページ(英ブリクジット決定以降、EAロジックにダメージはある?)

>>>次のページ(ヒッポがHippoV2で復活!成績の良いドル円デイトレEA!)



もう一度FXで稼ぎたい方・・・は、是非登録してね。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ

完全STP業者のTradersTrust(TTCM)が海外ブローカーでオススメ。

STP業者!NDD業者!だと多くのブローカーが言ってますが・・・本当にそうなの?実は呑み業者?実はディーリングデスクがある?どうやって見極めればいいの?証拠はないの?管理人が完全STPだと確認した業者はTradersTrust他・・・。



こんにちは!ブログ管理人のasajiroです。



今回のお話は、



業界を敵に回す可能性があるので・・・
ハッキリとしたことは書きません。



が、かなり興味をそそられる話だと思いますので、
よくよくお聞き下さいませ。



面白画像.jpg



FXを行う場合に、



「どのブローカーを使えばいいのか?」



というのは永遠の命題でありますよ。



なぜなら、どのブローカーも一長一短あり、
色んな人が色んな所で



「このブローカーがオススメ!」



と言ってて、
結局どのブローカーがいいのか・・・
実際使ってみないとよくわからないからです。



(使ってみてもよく分からんかったりします。笑)
(何か問題が起きて初めて分かったりするものです)



んで、



私は現在4つのブローカーを主に使っており、
その内3つのブローカーで自動売買を行っているのですが、



その内の一つ「TradersTrust」のCEO(最高経営責任者)の
ニコラさんとお会いする機会がありました。



ttcm_ceo2.jpg
2015年11月某日、大阪にて。一番右が浅次郎。キレイな女性の方がJapanデスクの岡村さん。ツルッパゲのナイスガイがCEOニコラです(写真掲載の許可も頂いてます)。



色んな



色んなお話をさせて頂きました。



中にはビックリのお話もありまして、
ブログでは公開出来ない・・・
戸愚呂兄弟の秘密・・・的な話も聞くことが出来ました。



中でも一番驚いたのは



「マーケットメーカー業者情報」です。



え?



浅次郎さん、マーケットメーカーってなんですか?



はい。まず基本的なことを復習しておきましょう。



まず、FX業者が採用している取引方法には、
DD方式(ディーリングデスク)と
NDD方式(ノンディーリングデスク)があります。



注文を捌く際に、
媒介となるディーリングデスクがあるのかないのか?です。



■DD方式(ディーリングデスク、マーケットメーカー)
OTC取引(Over The Counter)、相対取引、店頭取引。いわゆる呑み業者。インターバンクのレートを参考にし、ブローカー独自のレートを顧客に提示します。文字通り「マーケットメイカー」で、ユーザーとは利益相反。「ユーザーの損失」が「業者の利益」となります。

以前に比べ悪質な「マーケットメイカー」は減り、その多くが意図的な市場操作などを行わないマーケットメーカーですが・・・当然ながら「安心して使える」わけではありません。残念ながら国内業者の多くがこのOTC業者です。



■NDD方式(ノンディーリングデスク)
NDD方式には2通りあります。STP取引(手数料無し)とECN取引(手数料有り)です。海外の業者は大概このNDDを謳っています(でも内情はブラックボックスです)


・STP取引(straight through processing)
ユーザーから発注された注文をそのままカバー先の金融機関に流す取引方法。スプレッドを上乗せして注文を成立させます。スプレッドがブローカーの利益となりますので、取引量が多い方がブローカーの利益になります(ユーザーの利益=業者の利益)。


・ECN取引(Electronic Communications Network)
電子商取引で別の顧客とマッチングさせることで取引を成立させます。手数料を取るためスプレッドは極小です。手数料がブローカーの利益となります。取引量が多い方がブローカーの利益になります(ユーザーの利益=業者の利益)。



問題は、



NDDを謳っているにも関わらず・・・

ディーリングデスクがある!

(ほとんどの海外業者がNDDだと言っている)



というパターンです。



STPだと言ってても・・・・
カバー先に注文を流さず、
注文を呑んでいるケースがあるのです。



(ECN取引の場合でもマレに相対取引のケースがあります)



もちろん、
呑み業者だからと言って「勝てない業者」というわけではありません。



約定力が高く、スプレッドが低ければ、
自動売買は勝ちやすいです。



また「勝ち組の口座」はディーリングデスクの判断によって、
STPでカバー先に流すこともありますし、
(負け組の口座はもちろん呑む)



そのまま放っといても、
多くの人が負けてしまうのですから・・・
(初心者の8〜9割の人が負けると言われている)



じゃあ、呑んでしまえ!



という業者も多いわけです。



しかし、



ユーザーの損失=業者の利益



利益相反.jpg



という利益相反の状態は、
当然ながら好ましい状態ではありません。



呑み業者の場合、
普段何もなくても・・・いつ何が起きてもおかしくないのです。



だって呑み業者は
アナタの損失が利益なのだから。



極端な話、スイスフランショックの時のようなことが起きた場合、NDDなら単純に注文を流すだけですが(多少のスリップはあるにせよ)、ディーリングデスクがある場合は大混乱に陥ります(多分)。そして、数百pips滑るとか、追証が発生したりとか・・・しちゃうわけです(実際、アルパリUKはこれが原因で破綻しています)。



まあ、スイスフランショックみたいな話は極端にせよ・・・意図的に1pips滑らせれば巨額な金額(儲け)になるわけで、そんなことはしてないと思いつつ・・・ディーリングデスクがある限りそういった疑惑がついて回ったりするわけです。



というわけで、



本当のSTP業者でトレードした方がいい!



のは当たり前の話なのですが、



それを見極める方法が分からない!



・・・ですよね。



HP見に行けば、どの業者だって「STP」と言ってますし。



だけんどもしかし・・・



私も知らなかったのですが・・・



TradersTrustのCEOニコラに、



ttcm_ceo2.jpg



目からウロコのデータを見せて頂きました。



ここで公開出来ないのが残念でありますが、



結論として



TradersTrustは完全STP業者である!



と断言出来ます。



もちろん、
ニコラに言いくるめられたわけでも、
チョコレートで買収されたわけでもありません(笑)。
客観的なデータを元にして出した結論です。



(当然これはTTCMのストロングポイントなので、しっかりと説明してくれました)



実際、TTCMを使い始めて10ヶ月になりますが、
今まで何の問題もなく淡々とトレードを繰り返しています。
完全STPだという安心感は非常に高いです。



ちなみに・・・私がTradersTrustの他に確認したSTP業者は、



・TitanFX
・ICMarkets
・BIGBOSS




です。全てを教えてもらったわけではありませんが・・・有名なブローカーの多くが実際はSTPではない(少なくともDDがある)という事実・・・。※ここに書いてないブローカーがSTPじゃない!という意味ではありません。



ホントビックリでしたよ。



で、



ご存知の方も多いと思いますが、



今年の8月、
メインで使ってたMyFXMarketsの口座で、
如何ともし難いトラブルが発生したのです。
(滑ってもいないのに意味不明の位置で約定した)
(運営しているサービス全体で発生)



その時に発生した損失は、
粘り強い交渉の末に全額カバーして貰ったのですが・・・



ちょっとした不信感を持ったわけです。



というわけで、



今までMyFXMarketsのSTP口座をオススメして来ましたが、



今後は、



STP口座(手数料なし)なら、
TradersTrustのライブ口座(STP口座)



ECN口座(手数料有り)なら、
MyFXMarketsのPro口座(ECN口座)



をオススメします。



※MyFXMarketsのスタンダード口座がSTPかどうか?ってのはココでは敢えて言いません。先だってのトラブルもサーバーの問題だった可能性もあります(STP口座自体の成績が悪いわけではありません)(ECN口座は完全に大丈夫です)。



ともに、キャッシュバック経由での口座開設が可能です(必須です)。



ちなみに、TradersTrustはキャッシュバック口座(IB)経由で口座を作ると、
「低スプレッド口座」が開設可能です。



公式ページでのスプレッドは・・・



TradersTrust3.jpg



こんな感じですが、



TradersTrustスプレッド.jpg



EURUSD・・・1.2〜1.6
USDJPY・・・1.1〜1.6
EURJPY・・・1.4〜2.0
GBPUSD・・・1.7〜2.3
GBPJPY・・・2.7〜3.2
AUDJPY・・・2.5〜2.8
AUDUSD・・・1.6〜2.0



低スプレッド口座だとここまで狭くなります。
(私の口座のキャプチャ画像です)



めっちゃいいですよ。



オススメは以下のキャッシュバックサイト。



FXRoyalCashBack




FinalCashBack





TradersTrustの低スプレッド口座を開設するなら、
FXRoyalCashBackの方がキャッシュバック率がお得です。

FXRoyalCashBack・・・0.50pips
FinalCashBack・・・$3.0/1.0Lot(0.30pips



MyFXMarketsのPro口座であれば、どちらでも構いません。

FXRoyalCashBack・・・0.15pips
FinalCashBack・・・$1.5/1.0Lot(0.15pips



※MyFXMarketsのPro口座はECNのため手数料が掛かります。また、最低Lotが0.10(1万通貨)からとなります。その代わりスプレッドは極小でめっちゃ狭いです。



というわけで、



STP口座をお探しなら



スプレッド、キャッシュバック率を考えた上でも・・・



TradersTrustがいいですよ。



マジ話っす。



いつも応援ありがとうございます〜。





<<<前のページ(WhiteBearV3の2015年8〜10月実績、今は相場に合ってない!)

>>>次のページ(2016年明けから波乱相場。自動売買は動かすべきだったのか?)



登録しておくと、秘密のメールが来る・・・かも。

mailbanner-anime1.gif
【初心者がFXで勝つ方法】FX自動売買をマスター30日間集中講座



「FX-ONのおすすめEAでマイホームの頭金を貯めるブログ」TOPページ